長野県長野市/上田市で注文住宅を建てるなら4D studio(フォーディースタジオ)

026-266-0901
Contact us
026-266-0901
Contact us

ナガノのクラシ|2016.11.25

長野駅前で買える!ちょっとオシャレなお土産スイーツ♪

たくさんの観光地がある長野県。
その土地土地で魅力的なお土産があって、
どれを買ったらいいか、悩んでしまいますよね。

定番のお土産もいいけれど、せっかくだから、
「センスいい!」そんな風に思ってもらうものを買っていきたいものです。

そこで今回は、“長野市”にフォーカスをあて、
知る人ぞ知る、しかも長野駅前で買えるオシャレなお土産スイーツを紹介していきます!


■八幡屋磯五郎「七味マカロン」

八幡屋礒五郎_七味マカロン七味唐辛子で有名な「八幡屋礒五郎」さん。
実は、その材料を使ったマカロンがあるんです!
しかも、カラフルでかわいらしい!!

「唐辛子・麻種紫蘇生姜山椒胡麻柚子」の7つの味に加え、季節限定の味も登場します。
それぞれ素材の味がしっかり活きていて、例えば唐辛子味は、後味に唐辛子のぴりっとした辛みも感じられたり。
特に女性にオススメの長野のお土産です。

 

 

 

■HEIGORO(平五郎)「ケーク オ キューブ 信州セレクション」

平五郎 ケークオキューブ

長野を代表する結婚式場「藤屋御本陣」さんが運営するパティスリー「HEIGORO」。ここでしか買えないお土産がたくさんあるのですが、その中でも特に注目なのがこちら。
見た目もかわいいキューブ型のパウンドケーキで、長野県を代表する果物「りんご・あんず・ブルーベリー」を使った3種セットです。
ひとつひとつ丁寧に手作りされていて、それぞれの果実がふんだんに使われています。甘酸っぱさがお口いっぱいに広がる、飽きのこないおいしさです^^

 

 

■千曲製菓「まるごとりんごパイ」

「見た目のイン千曲製菓 まるごとりんごパイパクト大!」なこちらのお土産スイーツ。
リンゴ丸ごと一個を蜜漬けしたものの中心にカステラを入れ、一個一個手包みで焼き上げたリンゴパイです。
甘すぎないので、大きさのわりにぺろっと食べられてしまいます。
最大の特徴はその食感!りんごの歯ごたえを感じられるので、見ても楽しい、食べても楽しいスイーツです。

 

 

 

 

■旬粋「まるごと林檎 紅茶バウムクーヘン」

旬粋 まるごと林檎 紅茶バウムクーヘン

静岡県産の紅茶茶葉を生地に練りこんだバウムクーヘンの中に
信州産の「ふじりんご」が丸ごと一個入っています。
バウムクーヘンの年輪と透明感のある密漬けのリンゴが美しく、ついつい見とれてしまうほど...。
紅茶の豊かな香りと、嚙むたびに染み出てくるジューシーなりんごの味わいがベストマッチです!

 

 

 

 

 

■Bon Sarrasin(ボンサラザン) 「おそばのチーズケーキ」

ボンサラザン おそばのチーズケーキ

長野県産のそば粉とチーズに、特製のそば茶クリームをブレンドして焼き上げた濃厚チーズケーキです。
小麦粉は一切使わない。そば粉も卵もチーズも信州産というこだわりよう。クリームにもそば茶を混ぜ込んでいるためそばの風味を存分に味わえます。
「そばとチーズって合うの?」そう思った方、これが絶妙なんです。
ぜひ、ご賞味あれ!

 

 

 

 

■胡蝶庵「抹茶生大福」

胡蝶庵 抹茶生大福「お茶元みはら胡蝶庵」は北アルプスの湧水豊かな水の郷、信州安曇野で明治七年に創業した歴史あるお茶屋さんです。
薄皮のおもちに京都・宇治の高級抹茶クリームが包まれた新感覚の和スイーツ。
その柔らかさは手で持つのも大変なほど!お口の中で広がるふわふわとろ〜りとした食感に魅了されるはず!













■おまけ:蜂の子の佃煮

蜂の子「いやいや、蜂の子なんてむり!」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?たしかにリアルな見た目は抵抗感もありますが、これが意外とクセになる味だったり...。
お酒のおつまみとして楽しんでいる方も多く、炊き込みご飯やお茶漬けにも使えます。
かつて、長野では蜂の子は貴重なタンパク源でした。その土地の風習や文化を体験できるお土産は、意外と喜ばれるかもしれませんね。違いを見せつけたい方は、ぜひ!

 

 

 

■まとめ

意外な組み合わせのものや、見た目のインパクトが大きいものまで色々な長野のお土産スイーツ。
しかも、どれも長野駅前で買えるという手軽さがうれしい!

お土産というと定番のものを選びがちですが、
知る人ぞ知る逸品で“センス”を発揮してみるのもいいかもしれませんね。
買ったものに関する話からも、お土産話が弾むはずです♪

Contact us注文住宅のことならお気軽にお問い合わせください。
026-266-090110:00 ~ 18:00(定休日 火/水曜日)
メールでのお問い合わせ
Recommend おすすめのノウハウ・豆知識のご紹介
Topics このコラムに関するタグ一覧
Writer この人がコラムを書きました!